ブランド品買取はブランド品単体でも買い取ってもらえることがありますが、基本的には付属品をすべてそろえた上で買取に出すものだと思った方が良いでしょう。ではこの付属品としてはどういったものがあるのかというと、まず基本となるのはギャランティカードやショップカード、保証書といった製品が本物であることを証明する書類です。業者によっては贋作を買い取るリスクを減らすためにこういった保証書に準ずるものが無いとそもそも買取すらしないということがありますから、これについてはどのような業者にブランド品を持ち込むにせよ、必ず併せて出すようにしてください。次にブランド品買取で出すべき付属品となるのは保存袋や箱です。

ブランド品は本体がそのまま売りに出されているということはそこまで多くなく、おおよそが保存袋か箱に入った状態で販売されています。これも併せて買い取りに出した方が買取価格はアップしやすいですから、必ず一緒に出すようにしてください。そして案外見落としがちなのが、腕時計のベルトのコマです。これはベルトの長さを調整するために取り外した部分のことで、ショップで調整をしてもらった場合には間違いなく渡されているはずです。

このコマが無いと次に買う人の手首のサイズに合わせた調整が出来なくなってしまいますから、これもしっかり業者に持ち込むようにしましょう。ブランド品買取ではこういった付属品が揃っているだけでも買取価格がアップすることがありますから、少しでも高く買い取ってもらいたいのであれば欠かさず持ち込んでください。