ブランド品買取は申込む時期によっても多少の値段変動があり、タイミングが悪い時に申込んでしまうと本来の価格よりも安い価格で買い取られてしまうことがあります。ではそうしたブランド品買取を見送った方が良い時期としてはいつなのかというと、基本的には「在庫が多くなりやすい時期」と言えます。ブランド品買取を行っている業者は、買取を行った段階ではまだ利益は出せない状態です。利益が出るのは買い取ったブランド品が売れた時なのですから、在庫が多く残ってしまっているタイミングになると買取を控えたいと考えるのが自然です。

買取を控えるには買取額を安くすればよく、もしそれでも買い取れた場合には本来よりも安く買い取れたから損にはならないといった具合です。さて、それでは具体的な時期についてですが、まず挙げられるのはクリスマスやバレンタイン、ホワイトデーといったプレゼントシーズンの直後です。プレゼントを贈る側からすると哀しい話ではありますが、現実としてこうした時期の後にはブランド品が買取に持ち込まれることがかなり増えます。そのためこういった時期はブランド品買取を申し込むのに向いていない時期となるでしょう。

また当然の話ではありますが、時期の合わない商品を持ち込むのもなるべく控えた方が良いです。例えば夏を目前に控えているのに毛皮のコートを売ったり、冬まっ盛りなのに涼しげなエナメル素材のバッグを売るなどのようにしてしまうと、業者からすると次の売り時まで在庫になってしまいますから価格は下げざるを得ません。急いで金作をしなくてはならないなどの場合にはこうも言っていられないでしょうが、もし本来の価格で買い取ってもらいたいのであれば、ブランド品買取は最も適した時期に申込むようにしましょう。